交通事故に遭ったときの自賠責保険3つの慰謝料基準と計算方法

交通事故に巻き込まれてしまった。考えただけでひやっとする場面です。交通事故はさまざまな損害をもたらします。自分や同乗者がけがをしたり、相手にけがをさせてしまったり、場合によっては命を奪うこともあるでしょう。

命は助かっても後遺症が残ってしまったり、しばらくの間働けなくなることも考えられます。また、自分の乗っていた自動車や相手の乗っていた自動車を壊れてしまうことも考えられます。

続きを読む

追突事故の慰謝料相場と計算方法【交通事故】

現代社会で生活をしていれば、交通事故に遭う可能性を完全に避けることは困難です。自分の側で交通事故を起こさないように、どれだけ気をつけていても、交通事故の被害者になってしまうこともあります。

たとえば、自分に過失がない事例として、追突事故があります。追突事故の場合、相手方車両が突然追突してくるので、自分としては避けようがありません。

続きを読む

自筆証書遺言の書き方・文例

みなさんは自筆証書遺言という言葉をご存知ですか。
「自筆証書遺言」とはその名の通り、自筆で書いた遺言のことであり、一般的にイメージされる遺言は自筆証書遺言であることが多いと思いますが、自筆遺言証書の具体的な作成方法を理解されている方はそれほど多くないかもしれません。

続きを読む

あなたにも相続分が?遺言書の遺留分について

自分の死後に自分の財産をどのように相続人に分けるかを具体的に考えたことのある人はどれくらいいるでしょうか。

相続人が複数いる場合に、特定の相続人に財産を多めに与えたいと考える人もいるでしょうし、相続人はいるけれど、それよりずっと身の周りの世話をしてくれた相続人に自分の財産を与えたいと考える人もいるでしょう。

続きを読む

公証役場の遺言書作成・閲覧検索

みなさんは遺言書を作成するといえばどのようなイメージを持っているでしょうか。
自宅で、筆をとるイメージを持たれている方が多いかもしれません。

自宅などで、自筆で書く遺言は、手軽に作成できるメリットがある一方で、いくつかのデメリットがあります。

続きを読む

相続遺言書の書き方・作り方[サンプル見本付き]

「終活」という言葉が認知されるようになり、自分の死後のことを具体的に考える人が増えています。その中でも、自分の財産などをどのように分けるのかは、相続人の間で問題が起きることが多く、「争族」などと揶揄されることもあり、多くの人の関心が高いことがらといえるでしょう。

その場合に大切なのが遺言書です。
遺言書が存在することで、相続人の間の無用なトラブルを回避することができます。

続きを読む

離婚後の子どもの戸籍と氏名

未成年の子どもがいる夫婦が離婚した場合には、必ずその子どもの親権者を夫婦のどちらにするかを決めなければなりません。
役所で配布されている離婚届用紙にも親権者の記載欄があります。
では,話し合いの結果親権者が決まったとして,離婚後の子どもの戸籍や苗字はどうなるのでしょうか?

続きを読む

遺言書があるときの相続手続きと検認

相続が起こると、被相続人(死亡した人)の財産(遺産)を分ける必要があります。
この遺産相続の手続きは、遺言書がある場合とない場合とで大きく異なってきます。

さらに、遺言書には種類がありますが、その中でもよく利用される「自筆証書遺言」の形をとった場合には、遺言書を勝手に開けてはならず、「検認」という手続きが必要になります。

続きを読む